2007年01月14日

緊急取材報告〜伝説を君に〜

tanaka.jpg
と、以前かきましたが
11月に満了したネガテブ山中君がスパイラルって来ました。

現在田中和風にスネークしてます。
と、言う訳で伝説の田中和風画像を公開いたします。

070114_1603_02.jpg
え?隣の部屋もあって個室??
結構広いじゃん、ふすまの向こうは押し入れなのかな?
とか思っちゃったあなた、、、
あまいです。

070114_1610_01.jpg
寮の見取り図です。
このa、b、cとかかれている部分が個室になります。
で、bの場合、二部屋の壁がふすまなんです。
つーまーりー、
写真のふすまが壁なのですよ。
ふすまがただ開かない様に固定されているそうです。
しかも入り口は南京錠。

壁がふすまって事はですね、つまり、ふすまの合わせ目がやっぱし空いてまして
070114_1612_01.jpg
こんな風にお隣が覗けるそうで・・・

プライバシーないやん!!
騒音なんてもんじゃないじゃん!!!
ってことですね、
聖心清風東寮の受け入れの時でも隣の部屋の人の
いびきやら携帯の操作音まで聞こえてたのに・・・

息づかいまで絶対聞こえてますね。
ここで一年とか過ごしたって言うんだから
うちのシニア・イシカーワさんってやっぱジェダイ騎士なのかもしれません。
そしてHさんがアパート借りたのも納得です。
明日からはスネーク山中の定時報告でいろいろと最新の受け入れ情報を
ちょこちょこのせてきます、多分。

・・・っていうかおいら今度の再赴任どーすっかしら・・・

2007年01月11日

としあけのまいにち

派遣の品格ってドラマが始まりましたね。

時給3000円。

・・・期間工三人分くらい?
一人で車こさえちまったりして。

いや、むしろ時給三千円で篠原涼子を派遣出来るのなら

・・・部屋に派遣してもらってですね・・・

愛しさと切なさと心強さを
を一時間熱唱してもらいたい今井Kです。

すびばせん、残業が多くて短文ばかりをまとめて
ここ一週間の素敵☆寮生活レポートとさせていただきたいです。
その1
派遣君が年明けたら・・・
バックレてしまいました。
それも選択肢の一つだなぁ、と。
やめやがったな小僧!!
とか怒るより
あぁ連休明けの風物詩て思ってしまうのね。
そんなわけで年休が当分社員さんは取れませんが
元から年休なんか無いので関係なしです。
んでもー工程に関係がありまして、、、
こんしゅうはずーっとTL様とマンツーマンの仕事です。

正直、なぜこの仕事でこげに気遣わなきゃならんのじゃい?!
わしゃーただ淡々と肉体を延々と酷使して
鍛えに鍛えに鍛えるためにこの鬼の哭く街へ帰って来たはずなのに・・・
とかかんがえちゃってまぁす(てへ)

その2
食堂の朝ご飯
いっつも某食堂の朝の給仕のお姉ちゃんを見ると
「森三中」をおもいだします。
そんなことはさておき、

朝混んでまして、若いこの三人組と相席しますた。

「…正月に連れに紹介してもらった女がさー、
俺に惚れてるみたいなんだよ。
毎日メールくんの。
今週末デートする事になってさー」
「いいなー、どこ行くんすか?」
「名古屋駅回って女が夜キャバクラでバイトしてるから店行く。」

世界じゃそれを同伴出勤て呼ぶんだぜ!

だからお前は期間工なんだよ!!
寝言は布団で言え!!!

その3 1/8月曜日の朝風呂日記
昨日の大雪の中、風呂場へTシャツと短パンで小走りしてた
ハワイから帰って来たばかりの様な格好の人が
今日も同じ格好で横を歩いて来ました。
良く見ると全身鳥肌が立ちまくってましたが
もしかしたら部屋着がアレしか無いのかもしれない。
とりあえずあだ名はハワイアンで。

2006年07月30日

工場配属・転寮

水曜日に田原配属者95人くらいは寮へ移られまして、
木曜日以降は本社地区と呼ばれる工場へ20人くらいが振り分けられました。
おいらは一応希望しておりました工場へ入れまして、とりあえずほっとしましたが
この時点ではどんな仕事をどんな勤務形態でするのかは一切判っておりません。

翌日の木曜日に工場へ行って初めて判ります。
工場へ着きますと受け入れ教育というものが実施されます。
午前中は全員でいろんなビデオを見たり書類にはんこ押したりします。
でもって午後から各部署へ移動します。

ここで説明しておきますとこの受け入れが終わると二度と顔を合わせる事もない人もいます。
勤務は交代制なので裏番と呼ばれるシフトになれば昼夜交代制なのでほぼシフト的には会いませんし
工場の中はとんでもなく広いので各エリアによっては端から端まで5キロ以上の距離なんて事もざらです。
この辺普通の会社や街の工場とのスケールが違います。
つまり同じ工場でも社員さん通しでも知らない人だらけだったりします。

で、午後からは各セクションで健康維持の講義を受けたりいろんな話をしたりして
配属される部署へ連れて行かれて組と呼ばれますグループへ振り分けになります。

ここで大体1日が終わります。
翌日からはラインに入っての実地教育になります。
あとこの日から帰る場所は
最初にいた寮(聖心清風)ではなく工場で発表された寮になるのでこの辺の事は
とにかく午前中にくどいよって言われても人事のおじちゃんとか
前で説明してる人に聞きまくっといた方が良いです。
工場ごとの資料にバスの時間やら寮の食堂の営業時間とか
載ってますから丸めて棄てずに読んどかないと後で
飯にすらありつけない事も多々出てきます。
配属された先に同じ寮や近い寮の人が居たらとにかく聞きまくるとか
くっついて歩くとかして下さい。
生き残る為にも・・・

下手すると翌日いきなり朝4時起きの6時半始業になる訳で(今回これでした。)
朝ご飯は食べておかないとこの季節間違いなく倒れると思います。

寮の食堂は朝からやってますのでとにかく胃に何か入れておく事をお薦めします。

で、金曜日からは全く内容が違って来るので人それぞれの日記が始まるでしょうし
何日も続くと愚痴だらけの日記になる訳ですが
おいらの日記はこの後どうなるのかですが
愚痴:変な工場知識=3:7くらいでいきたいです。
でも4:6くらいか五分五分になりかねませんが。

で、受け入れ終了後、帰りのバスに乗り込みます。

ま、

遠い遠いと感じる位バスの遅い事。
ついた先は陸の孤島・高岡地区でした・・・

この辺です。
地図で観ますと住宅街ですが全て社員と期間従業院の収容所、周りにあるのはコンビニ数件とスーパーそんな感じです。
市街地までは田んぼが延々と続く緑の地平線、バスは一時間に一本と言う・・・車が無ければ不便極まりない地区です。
田原も似た様な感じですが。

で、寮務さんの入寮説明がまだまだ続きます。
5果敢に渡って説明をだらだら聞き続け会社(工場)で延々と説明を聞き
明日は4時には起きなきゃなんないのにまだ説明が続きます。
こらえてツカァサイ、と思ってたら他の子が切れましたw
「すいません細かい事は後で聞きにきますからご飯食べてきていいですか?」
初日にやっちまいましたよこの人・・・
寮務員さんびびってました。可愛そうに。。。

と思ったのですが後で風呂場で切れた事一緒だったので話を聞くと前回は
アリビオ聖心に居たそうで(かなりハイグレードな新しい寮)でもーしょっぱなで

「はずれ引いた」と思っちゃったところへ空腹のイライラと
東北なまりののんきな寮務さんのコンボで切れちゃったそうでした・・・
寮の部屋は4人が1つのドアから中に入って各個室になっているタイプでなかなか内装も新しいのですが
とにかくまー、周りに何もない不便極まりないところですよ、じっさい。
ただ・・・自分的には前の職場の寮に比べれば
ネットも引けるし光熱費家賃は無料だしで
のんびりできそうでこれも良いかなぁと思うのですが
気に入らない点が1つ。通勤時間が自宅から通っても大して変わらないという事でして。
なので変則的に寮にも住みつつ自宅にも帰ろうと画策しております。
はい。
あ、でも自動車は持ち込みませんから。
あの寮務さん、、、問題でも起こして
困らせたら泣きながら東北の故郷へ帰ってしまいそうで・・・

2006年07月24日

7/23〜7/24健康診断編

7/23 雨の中15時30分くらいに到着。

さて、相部屋のもう一人の人も経験者のおっさん(おいらと同い年)で
期間工スパイラルな30代の
タコ部屋が完成しました。しかし相変わらずヤニ臭いわ
となりの会話もまる聞こえだわですよ。
でもってトイレ前の通路で武勇伝を語り合う若者の会話までしっかり聞こえます。
「俺は1日でパチスロ50万円儲けた!」
じゃーなぜここにいる?

「俺地元で女100人とHした!」
これから当分はしたくてもできないよ
人生って上手く均等になるのかもしれないね・・・
等と壁越しに突っ込みつつ

かねて用意した耳栓のおかげで
案の定隣の押し入れの開け閉めが
うるさいとかで殴り合いもあったようです。
耳栓のおかげさまで爆睡できましたがそれでも眠いっす。

空腹になる前に眠れたのでまだ良かった気もしますが。

7/24〜健康診断〜
今週入社の期間工が思いの他少なく、150人弱
(135人くらいとの事)ですが
午前中に
・身長、体重
・握力と背筋、あと器用さを観るテストというのもありました。
・視力、聴力、心電図
・レントゲン、パンツ一丁で輪になって色々体操
・採血、採尿、血圧ですが
血圧が98〜52でしたよ(デブなのに低血圧)
・で問診があって午前中は終了。

で午前中は完全に絶食と禁煙の男135人がだらだらと
健康診断をさせられて相変わらずの教育係の皆さんの
ぐだぐだな段取りでずーーーっと
席に座ってる訳です。
(ずーっとDS持ち込んでたのでどうぶつの森で遊んでましたが)
もー11時半くらいになるとものっそい荒んだ空気が漂ってきてまし
て、
「なんでパンツ一丁でこんな馬鹿げた体操しなきゃなんねーんだよ、あり得んて!」
とか騒ぐ若い子とか
「血液検査終わったからタバコ吸わせろ」と係のおっちゃんに
血走った眼で詰め寄るおっさんとかいっぱい居ました。

しかもー食堂まで行くバスが遅れに遅れた為、係のおじさんも
「えー、、もーちょっとまってくださいね。、。」
とマイクで放送しては会場にいると何されるかわからないと感じたらしく
すぐ逃げてはまた帰ってくると言う

暴動寸前

の状態でしたよ。

夕べの17時以降で今まで口にしたものは
トヨタで無料で食わせてもらえる
・牛丼(硬くてまずい)
・みそ汁(味がほとんどないわかめ湯)
・生野菜サラダ(小鉢)
のみです。。。

でもって人間あれですよ、20時間近く胃が空っぽの中に
10分で済ませろって言われて慌てて丼飯なんざかき込ませるから
みんな会場戻ったとたんにふらふらしたり寝ちゃったりです。

今回は135人居ましたが
明日また朝飯抜きの人が35人ですよ1/3が再検査または
健康診断のみの直行帰り組になります。
おかげさまでパスしましたのですが水曜日〜金曜日くらいまで
まだ配属先が未定なので更新もままなりませんが一つよろしくです。

2006年07月10日

おれ・・・もう一度、期間工がしたいです〜面接〜

さて、応募しよう!そうしよう!!
と思った方、100均で履歴書買ったかな?
写真はちゃんと四角く切れたかな?

ではレッツ面接です。
履歴書と筆記用具、印鑑と暇つぶし用のサムシング(本でもゲームでも)をもって出かけましょう。
身なりと服装
スーツじゃなくて良いです、多分。
でも鋲がやたらついた革ジャンのパンクやら
ダボタボのジーンズにタンクトップ、首からネックレス付けてのHIP-HOPやら
「仏血義理」とか背中に書いてある特攻服は辞めといた方が良いとおいちゃんは思います。
ユニクロとかでこざっぱりした感じでまとめて、
ヒゲはそりましょう。(当たり前ですね)
茶髪、ロンゲ、ピアスについてはかなり、理解のある会社だと思います。
前回の工場の社員さんでモヒカンにピアスの人も居ましたし。
とりあえず
「無難な清潔さ」
と言うコンセプトで面接へ行きましょう。

面接する中の人
面接官は大抵がどこかの工場で実際に働いていらっしゃるCL職という方です。
なので「部下として雇っても良いなぁ」と思う人を採用にされてる様子。
お返事がきちんとできるかとか相手の目を見て喋る子かとかをチェックなすってる様です。

面接会場について
これは聞いた話なんで実際にやった事はないのですが
トヨタから遠い会場で面接して採用になると
赴任手当が面接会場からの計算なので遠ければ遠いほど赴任手当がもらえる
という伊藤家の食卓技があるらしいです。
極端な話、住んでるのが豊田市の人でも北海道で面接を受けて
採用通知がくると北海道からの旅費が支給してもらえるっちゅう・・・
でも北海道まで旅行に行って面接して不採用なら大赤字なので
とりあえず家からなるべく遠めの面接会場で受けてみるのもオススメかも知れません。

おいらの場合はトヨタのショールーム付きの会場だったので
受付のオネーさんが可愛かったです。
でも用件伝えた後で「ちっ、期間工希望者かよ」って目つきになっ・・・
なってません、あくまで営業スマイルですね、受付嬢。

・面接は受付順なので時間に余裕を持って早めに受付を済まして
近所をブラブラして集合時間に戻るのが良いかと思います。
(DSとかPSPもってくのも良いかも☆)
希望者が多いと(初めて言ったときは土曜日だったのもあって)個人面談まで時間があって
2〜3時間待ちという事もありますので注意。
今回はおいらともう一人、茶髪でピアスの若いこの2人でした。
(服装は若い子はジーンズに無地の白いTシャツ、
おいらは無地の生成りのTシャツにチノパンでした。)

で、選考会です。
面接官さんからは最初に集まった方全員に
・給料の内訳
・勤務形態の内容
ここで希望出社日を選ぶ事になったり、
合否結果通知用の自分宛の封筒(トヨタ社名入り)を書いたり
面接カードと呼ばれる紙に記入したりします。
(二回面接に来ましたがこれは大抵同じ流れでした。)
・寮の現状
について説明があります。
6月末の時点で前回と変わった点では両についての説明が事細かになった事でした。
(よっぽど何かクレームの様な事があったのかも知れません・・・)
で、説明によりますと
個室寮は新築のマンションも増設しているものの現在追いついていないので
子会社の社宅に住む事もある
(デンソーとか豊田自動織機とかって事の様です)
社宅の2DKを半分にして、一人は6畳、一人は4.5畳の場合もある
(多分高岡の社宅の事です)
田中和風は相変わらず仕切りがベニヤで薄くてとなりのイビキが聞こえる
(ここを説明するという事はかなり嫌になって辞めた人が多いと言う事か・・・)
でもって「こんな感じですがよろしいですか?」
と、みのもんたさんの「ファイナルアンサー?」の様に訪ねられます。
今回の面接は2人も経験者なので

いろいろと前回の赴任中の工場の話とか
三交代シフトの経験者であるおいらの話とか他のラインの話とかをして
面接官の人もほっとした様子で(後で聞いたら実際初めて選考職をやるという事だそうでかなり緊張してらっしゃいました)
降りない人は次の個人面談へと続く。

面談時の質問内容(おおまかですが)
・借金はあるか?
ローン等はないかという質問です。
あってもないと答えといた方が良いでしょう。

・現在病気で通院していないか?腰痛はないか?
ヘルニアとかある人でしたら必ず申告しといた方が良いです。
落ちるかも知れませんがラインに入った後で「実は...」
とか言っても通じません。軽い腰痛なら配属先の配慮もしてくれます。
それが大企業クオリティー

・大きな事故による怪我、入院の経験、持病の有無
古傷が突然痛みだしたので休みますとか
持病の心臓がぁとかってのは無しですってかんじですね。

・体の間接はちゃんと曲がるか
これは面接官の方と一緒に指をゆっくり曲げ延ばしたり
ばんざーいとか
腕を前から上に上げてゆっくりおろしまーす
とか屈伸したりしてチェックされます。
第三者が見てたらちょっと間抜けな気もしますが。。。

・志望の動機
ここは正直に
「お金が欲しい」とかでも良いです。
ストレートすぎるのもアレですが。
おいらはスラムダンクの三井君の様に「おれ・・・もう一度・・・期間工がしたいです」
と、泣きながら土下座しました。
諦めたらそこで試合終了ですね。

で、個人面談が終わったら各自解散なので今回は待ち時間は入れずに約2時間くらいでした。
さて、結果はいかに?!

ドラゴンへの道〜応募〜

本屋さんやらコンビ二の求人情報誌の裏に必ずと言っていいほど
060709_2015~0001.jpg

これ載ってませんか?
この広告見て応募される方も多いと思いますのでちょっと現場から生の解説まがいを。

チラシに載っている額面通りの金額が最初からもらえるのか?
日給は間違いなく初回の方は9000円です。
9800円というのは2回目以降の赴任者(再入社した人)の日給です。
下の月収例、あくまでも月収のたとえです。
なので残業が少なかったりシフトが日勤が多かったりすると夜勤手当がつかず
少なくなります。最初の月から25万円は望まない方が良いでしょう。
あと、保険と年金が天引きでさっ引かれるので
毎月20万程度の手取りと考えとくと良いですよ。

寮費完全無料(1人部屋)冷暖房・TV・冷蔵庫付き
これは結構良いです。光熱費もただです。
同じ寮付きでも派遣の会社だと家賃と光熱費をピンハネするところもあるので
額面30万と唱っている某派遣会社の人からすると
「うそっ」ってくらい羨ましい様です。
TVは14型ですが東海地方のTV局はちゃんと映りますw
間違ってもスイッチ入れたらトヨタの販促ビデオしかかからないという事はありません。

・寮について
部屋のグレードは貴方の運次第です。
1ルームの新築、光ケーブルとCATV付きもあれば
12畳間をベニヤ板で無理矢理仕切って3人が押し込まれる個室
も存在します。

この辺は面接時に担当の方が解りやすく写真入り資料で
説明後、「ここでも良いですね?」と念押ししてきます。
嫌ならこの時点で断って他を探された方が良いです。
配属先が決まってから空いてる部屋へ随時入寮なので本当に運次第ですが
(とここを書いている今日の時点ではおいら自身何処の料に入って何処の工場で何の仕事をするかは解りません)
前回は田中和風寮で改装されて結構広めのクローゼット付きの
こざっぱりした6畳間の寮でしたが
ネット環境がエアエッジのみだったのと入ってすぐに工場の人事の方から
「家から通える範囲だし車もあるなら自宅通勤にしては?(交通費はもちろん支給)」
というお言葉で通いにしましたが
正直、、、通いはきつぅございましたので
今回は寮でギリギリまで寝ていられる生活を主体にしたいと思いますww


*前回は通勤できる範囲でしたが
出社の時間帯の渋滞とか夜勤明けで
眠くて眠くてとかで片道大体1時間近くかかりました。遅刻すると満了金が減るので毎日がスリリングな生活だったりしましたが。

寮の話や食事、給料の事はこんな感じです。

・お金を貯めたい(目的がある)
・工場のライン経験がある、接客関係が嫌い
・地道にコツコツやりたい
・環境の変化にある程度耐えられる

こんな方には向いてると思います。でも実際入ってやってみないと判らないのも仕事です。
続く続かないは配属先にもよりけりですが。
正直なところ、辞めて行く人もいっぱいいます。
でも入って来る人はもっといっぱいいます。

で、応募してみようと思った人は履歴書を書いて写真を貼って
面接に行きましょう!

そうだ!期間工へ(また)行こう!!〜はじめに〜

去年の5月まで諸事情で期間工として20月ほど働いてまして

「もーこんなとこ2度とこねーよ、
ペペペのぺ〜(ここは風のシズカっぽくね)」
と満了したのもつかの間、
再び
toyotabil.jpg
鬼の哭く街
トヨタ自動車株式会社の門を叩く事となりました。
OTL

と言っても前回ほどの暗い、どんよりとしたイメージもなく
どちらかと言えば気分的にはドラゴンボールの悟空さんのような
いっちょやってみっか?!
的気分です。
あえてこのクソ熱くなる時期に赴任なのも懐かしさを伴っているのかも知れません。

と言う事でこれから期間工やってみようかなぁとかどんな生活なんだろうとか
何が行われているのかとかをレポできればと思います。
前回の働いていたときの思い出とかも時々混じるので、ごちゃごちゃにならない様に書いて行きたいと思います。

また同じく期間工の方々も一つよろしくお願いします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。