2007年10月10日

07年国内販売目標を下方修正=市場の冷え込み厳しく−トヨタ

10212.jpg
だったのになぁ・・・

トヨタ自動車の渡辺捷昭社長は9日の新車発表会の席上、2007年の国内販売台数について「160万台の半ばまで頑張ろうという状態」と述べ、これまで172万台としていた目標値を事実上、下方修正した。全世界での販売台数では07年に米ゼネラル・モーターズ(GM)を抜いて世界一になる見通しのトヨタも、おひざ元の日本では市場の冷え込みに悩んでいる。

 トヨタは当初、全メーカー合計の国内販売台数(軽自動車を除く)を370万台と見込んでいたが、市場の冷え込みで360万台程度にとどまる見通しとなったため、下方修正に踏み切った。トヨタの販売台数(レクサスブランドを含む)を見ても、今年1〜9月の累計は120万台強と、前年同期(130万台強)を10万台も下回っている。
(時事通信社)

1010.jpg
年収300万くらいの人々が買えちゃうようなレクサスでも作れば良いのに。

こんだけ格差社会を広げるような
奥田大王様の雇用社会政策の賜物ではないかと。

って経団連のおえらい人たちにはそれが判らんのですとか
ジオングの整備兵に言われたとか言われないとか・・・
いや、もしかしたら・・・
今頃トヨタのお偉いさんは
「格差社会の影響?そんなの関係ねぇ♪そんなの関係ねぇ♪」
っておっぱっぴ〜とか言ってんでしょうかね。


いっそキカーン全員車持ち込みにすれば何パーかは
国内販売台数上がると思いますよ。えぇ。

あ、それか、トヨタ正社員の家庭は最低二台新車を持つとかすれば良いとも思います。
隣の組のGLさんが「トヨタの社員が車検受け続けるような車の乗りかたすんなよぅ」って詰め所でふんぞり返って社員さんに言ってたしね!!!
posted by 今井K at 01:11| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。