2006年10月24日

なんだかんだで三ヶ月。1.〜バスの男〜

はい、まるッと三ヶ月経ちました。
といっても一年越え、下手したらシニアを
考えてるので初回の4ヶ月満了とか6ヶ月の人のように

「・・・あと○ヶ月と○日・・・・・・あと○ヶ月と○日・・・・・・あと○ヶ月と○日・・・」

とかバスの帰りの席でぶつぶつ言ったりしてません。
(いや、普通は言わない。)
こないだね、下のような人がいまして・・・
(以下まじめな文章で回想)

横に乗った男はよれよれのシャツに
くたびれたチノパンに似合うくらいくたびれた顔のおっさんだった。
メタルフレームの眼鏡の縁がこすれて錆が浮いているところもある。
1直の残業後の期間工しか乗らない時間帯だ。

おっさんは背を丸めてひたすら携帯を見つめていた。
ほかのピアスに茶髪の
若者期間工と目を合わさない予防策で
携帯メールをしている風を装っているようにも見える。
期間工といっても様々な人がいる訳で
バスに乗ると一言でくくっていいのかとか考えたくなる。
アニヲタ系
ガテン系
ヤンキー系
頭にいろいろタイプをつければいいのだが。
いや、社員も一緒だが。
この人はさしずめ
リストラ食い詰め系といった感じである。
バスが動き出して急におっさんの電話が鳴った。
いや、正確にはバイブ機能がしていたのか
おっさんが会話しだした。
「もしもし、はい、僕僕。」
甲高い声で周りを気にしながらぼそぼそと語りだす。
「うんうん、たいへんだよぅ・・・暑いし」
「うん、でも仕事があるだけね・・・うん、そっちに比べたら今日は残業一時間あったし、」
「うん、そうそう」
ほとんど相づちだ。
本当に会話しているのではないな、そんな感じである。
「でもね、半年、半年頑張れば社員試験も受けれるって人事さんが言ってたし、頑張らないとね、うん。」
「あっという間だよ、半年なんて頑張るよ、僕頑張るからさ」

涙目になっておっさんは電話に語る。。。
よく見ると携帯の画面は街受けであろう、
風景の写真と日時、時計が表示されていた。

相手は多分いないのだ。

頑張れ、頑張れおじちゃん!

しかしな、おっさん、半年やってもあんたの歳じゃGLが推薦しまい・・・
呟かずにはいられなかった。

切ないお話になりましたがバスの中での会話は迷惑だからやめとこう、とも思ったさ。
posted by 今井K at 18:57| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。