2007年09月09日

悩み・迷い・行動〜満了後の日常〜

先々週、犬本君が遊びに来たんだ
喫茶マウンテンの帰りに
大須へ犬本君と出かけたんだ。
一着の服を僕は見つけたんだ・・・
いつ着るのか?
着れるのか?
値段は?
・・・そのときはいろんな事であきらめたんだ。

いや、きっとそれはいろんな理由をつけて諦めると言う
"大人"に僕はなってしまっていたんだ・・・
それは、
ひょっとしたらトヨタの期間工という仕事を長くしていた為に
自分の行動を全てトヨタカレンダーやシフトに
合わせて生きて行く中で知らず知らずのうちに
身につけてしまったのかも知れない。
食べたい物を食べ
着たい物を着て、
笑いたい時に笑い、
泣きたい時に泣けば良い。
スピーカーから流れる串田アキラが言う、
♪男なんだろう?グズグズするなよ♪

という訳でいまからあの服を求めて大須へ出かけよう。
もう売り切れてなくなっているかも知れないけれど・・・
台風が近づく蒸し暑いねっとりとした空気の
幕からこのあと土砂降りになるよと

警告している様にぱらつく雨の中、お店屋さんに着く。

平日の為かまばらな人影。

先週あの服がかかっていた店先のハンガー、
無造作にかけられた色とりどりの服達の中から
あの一着を見つけ出した。

「・・・まだ待っていてくれたんだね」

そんな気分だ。
お店の人が試着して良いですよと言ってくれる。
サイズは申し分が無い。
しかし・・・
こんな服を来て良いのだろうか?
僕の悩みを見て取ったかの様に主人は微笑む。

「えりゃあ似合おうとるがね。
下はよぉ、黒のズボン履きゃあ大丈夫だで。」

ネイティブな名古屋弁である。

ここは大須なんだ。

だもんでだもんで、
じゃん、
だらぁ、
りん。

などと言わない名古屋弁なんだ。

お金を払って服を受け取る。
ちょうどお昼で栄にでて来ていた
朋友・大久保さんと
昔ケーキ屋の本造りで取材したカフェで落ち合った。

買った服を見せると
「・・・君しか着こなせないなぁ
・・・これに合う帽子とお面を捜しておくよ」

と笑ってくれた。

去年の生活は一言で言えば
ストイック
この一言につきたかも知れない。

満了して2ヶ月が経とうというのに何か自分で決めた行動に
「これは贅沢なのでは?」
「こんな時間にこんな事をしていて明日大丈夫なのか?」
と考える事が些細な事で多かったのがなんとなくひかかっていた。

それは、爪の横に出来てささくれの様なもので
ほんの小さな事なのに気にしだすとなかなか停まらず、
そこで寮で過ごした1年間の生活の日常と
今のごく一般的な生活の違和感を感じている気がするんだ。。。

今度はこの服に合う靴を捜してみよう。
胸が何となく小躍りする気持ちで僕は栄の街を後にした。

明日は台風祭りになるかも知れない。
しかもとりたててやる事が昼間はほとんどない

そうだ、明日嵐なら高岡村をこの服を来て練り歩こうか、
いっそ田原の街を・・・

と言う感じで大須で服を買ったんだ。

*でも高岡で来て歩く前に台風は過ぎ去っていて
このブログもアップする前に土日は過ぎていて・・・
一言で言うと蒸し暑いと何もする気になんねぇ、そんな感じのなに子でした。*
posted by 今井K at 18:48| 🌁| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。