2007年07月01日

生き物地球奇行〜タカオカアメリカザリガニ・その神秘の行動〜

地球誕生から40億年、、、
未だ続く生命の進化の営み。
その中に全ての生物、我々人類もそして当然期間工も含まれている訳です。
朝、バス停に向かう前にメグリアに昼飯を買いに行こうと歩道をテクテク歩いていると、前方に何か横切る物が…
生き物であることはすぐわかったのですが、まさかザリガニとは…
体長は20〜30センチくらいですかね。吹き出しそうになるくらいの衝撃でした。
以前にアップした事があるんですが、自分が住んでる高岡寮には貯水池があるんです。そこから昨日の雨で増水したひょうしに出てきたんでは?と思っているんですが…

この方の推測はまちがっておりまして、、、
実は
070701_1717~0001.jpg
この公園横の小さなぬかるみの中で彼らは成長します。
そして、、、
満月の夜、彼らの生命をかけた大移動がはじ・・・

すいません、ここ嘘です。
なぜかこの湿地帯みたいなところから
アメリカザリガニがこの時期うじゃうじゃ出て来ます。
あるものは横断歩道を歩き、あるものは高岡体育館の方へとてんでバラバラに移動します。
一体どこへ、何のためなのか?

・・・ぜんぜんわかりません。
ただ毎年この時期この高岡村では
アメリカザリガニのゾロゾロウジャウジャ現象は続いています。
CA330018.JPG
今夜もまた彼らはウジャウジャゾロゾロはいでています。

・・・もしかしたら何百年、いや何千年も先、
リクトヨタアメリカザリガニという新種のザリガニが誕生するかもしれません。
それは陸上生活に適応し、陸上での生活のために
巨大化して体長は約二メートル、重さは100キロ前後、
時速60キロで疾走して人間も餌にしかねない獰猛な生き物に進化しているかもしれません。
そして高岡寮群には「夜間ザリガニに注意」という張り紙が貼られ、
毎年何人かの期間工は自転車で帰宅途中にリクトヨタアメリカザリガニに
襲われ重大災害として特安ミーティング(特別安全ミーティングというトヨタでの事故や災害の安全報告ミーティング)に・・・
って何百年何千年後も果たしてトヨタや期間工が存在するのか、
またアメリカザリガニが進化するのかは別としてですね、
とにかくザリガニが歩いてるんですよ、えぇ。
posted by 今井K at 18:43| 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。