2007年07月21日

ありがとう、そしてコンチクショー。

俺、満了!!!
♪イージャンイージャンスゲージャン♪

今晩は、今井Kです。
はい。

前代未聞のライン停止に伴う二日繰り上げ満了ですよ。
二直のホットタイム明けにいきなり、
「あ、今日で満了だから。昼休みFコン(送別会)ね。」
って言われましたよ。

って・・・









upsold「アップソールド」
期間満了!







期間満了!
税込価格:1,890円








数量:






これ金曜日に着て練り歩くつもりだったのに・・・

正門の前で
「行こう、俺の墓標に名はいらぬ!」
って叫ぶつもりだったのに・・・

なんだかもーバタバタでロッカー片付けて
社員証とカギと保険証返して
手当り次第にお世話になった人に挨拶してでしたよ。

でもって寮で風呂入ってから
悔しいのでサークルKやらメグリアやらで
070719_0304~0001.jpg
着て練り歩いてやりました。
えぇ。

って感じの水曜日。
木曜日からは撤退大作戦でした、はい。
それこそもー
♪ちゃっちゃっちゃっ、ちゃっちゃっちゃっ、♪
ラインで鳴らした俺たち期間工部隊は、
延長を断られ田原を追い出されて
6ヶ月で強制送還されたが、
再び面接に成功し田中和風に潜った。
しかし、エレカの順だてで
くすぶってるような俺たちじゃあない。
筋さえ通りゃ満了金次第で
なんでもやってのける命知らず、
不可能なタクトタイムをを可能にし、
巨大な車を組み立てる
俺たち非正規野郎T(OYOTA)チーム!

♪チャーチャチャーチャチャーチャーン♪
な訳ですよ。
荷物全部運び出したり人にあげまくったり
放り出したりですわ。
2日退寮を早めまして、今日は今自宅でこれを書いてます。えぇ。
っていうのも

実はプライベートでもドタバタしてまして・・・

正直な所あまり詳しい事は言えないのですが
明日からゲストハウス今井家を当分離れますです。

国内なのですが全く見知らぬ土地で
しばらく訳あって過ごす事となりました。

ひょっとかしたら一生そこに住む事になるかも知れないし、
来月当たりまた赴任する事になってたりするかもしれません。

全てがあやふやで分け判んないよあんた、
って言われそうですが
どこに行って何をしても何とかなりそうな変な自信はあるのです。

あんだけ辛かった作業も一年やると人間って不思議な者で
愛着やら何やらが出てまいります。
"たった一つのプライド捨てて"って
ここの冒頭で謳ってるのに、単なる繰り返しの作業で
(言い方悪いかもしれませんが)学園の実習生の16の坊主でも
一週間もやれば一人前扱いされる様な単純作業にでも
「タクトに遅れた事が無い」だの
「不具合品を出した事が裏番より少ない」だのという
プライドまで出て来るだもんで。

そんな感じの一年目、そろそろ1回リセットしようかなと。

でも今回の赴任で、このブログやネットを通じて友達になれた
沢山の素敵な友達も出来ました。
will本君やらこまおさんやらケースケ君やら食通さんやら
会ったことないけどマスーさんやらdaiponくんやら笠山さんやら
コメントくれた人々やら・・・
あ、Tシャツ買ってくれたブライキングさんやら
そして前の赴任からすっかり仲良しになった人々、
ルパンさんやら親分やらとっつぁんやら期間行協会のみんなや
ネガテブや女工やかずぅくんや数え上げたらきりがないくらいでして。
何だか仕事以外はメタクソ楽しい日々でした。
確かに仕事はきついし不便で不条理な規則を押し付けられて
なんであぜ道を自転車こがなきゃなんないんだよコンチクショーとムカついた日々もありますし
どうしてこんな飯食わなきゃなんないんだよ
と朝食セットを睨みつける一直の朝もありました。
自転車のライトは二回パクられ、あげくの果てには自転車そのものまで盗まれて
寮事務の「うにゃむにゃ」な対応にはあきれかえりましたが。

あ、自転車、メグリア前に放置されてまして、感動的に奪還致しました。

まぁそれはおいといて、

とりあえず期間工って聞くと


「自動車絶望工場」
な感じにならざるを得ない訳です。
んでも、おいら的にはですね、何やっててもいつも思うのですが
「同じ事して過ごすんなら泣いて過ごすより笑って過ごしてたい」訳です。
定時で7.5Hラインで働くんだったら
「僕らはこんだけ辛い思いをしてきつくてきつくて・・・」
と愚痴るのも当然なんですが
「あぁービリーズブートキャンプとどっちが辛いかしらん、もう1セット」
とかって考えるオバカがいてもいいのじゃないかしらんと。

そんな訳で始めたこのブログでしたが如何なもんでしたでしょうか?

スパイラル期間工と言うのは
永遠に卒業できない
工場の亡霊のようなものなんだろうかの?

そんな風に半年で満了して行く後輩達を送り出しつつも考えた日々もあります。

確かにここ(TOYOTA)の
「嫌なら代わりはいるんだから辞めてってよ、うちは世界1の自動車メーカーなんだよ」
っていうスタンスが見え隠れする期間従業員制度ですよ。えぇ。

渡辺社長様がボーナス支給日にメッセージで出された
「謙虚さを忘れないで」
ってメッセージはどこに行ったんですかって聞きたくなる様な
一部社員さんの態度とかもあったりする訳です。
でもみんな、精一杯働いてて、何かを抱えてここに来て
ここで何かを見つけたり失ったり得たりしてラインを回している訳でして
全く期間従業員とか工場とかの中の事とは無縁な人とかに少しでも伝わたかも知んないならちょっと嬉しい、そんなかんじです。

あーなんか取り留めなくなってまいりましたが
去る者に拍手なんていらなくて
むしろ続ける者に拍手とエールを送りたい訳です。
「30過ぎて本当の友達なんて出来ない、ましてやこんなとこじゃ」
と期間従業員同士の友情を否定しなすった師匠、貴方には作業の面では本当に
心底尊敬しますがこの一言だけは反論させていただきますです、はい。
そんな訳で朋友と呼びたいみなさん、これから暑っつい工場ですが
本当頑張って下さい、Tシャツ、洗わないと納豆臭くなりますから
めんどくさくても洗ってね!!

まぁそんな訳で長ぁくなっちまいましたが
ありがとうキカーン、
さようならキカーン

全ての期間従業員に幸あれ!!


・・・でも
2日分の前倒し満了の給料、
ないそうです。

当然でしょ?
って感じの回答ありがとうございました、
パーソナルサポート人事部の方。


そしてコンチクショー。
posted by 今井K at 00:18| 🌁| Comment(12) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

千の風になって

070715_1844~0001.jpg
わたしはそこにはいません
眠ってなんかいません
千の風に
千の風になって
あの大きな空を吹き渡っています
posted by 今井K at 10:49| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 路傍の写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

ハリケーン・リリー タイフーン・高岡

いやぁ〜ご無沙汰してます。
満了までカウントダウン中です。
やる気なんてもう一桁以下、コンマ5くらいかなぁーん、うへへへって
気分で辞めた後何して遊ぶか・・
ゲフン、
いえいえ、何をして今後の人生の糧を得たり
人生って何だろう、働く事の意義って何なのか等と考えては
格差社会と呼ばれるこの日本の雇用システムの
不条理に悩みを馳せる・・・

な訳ないじゃーん!!
まぁ、そんな感じでぼそぼそと撤退作戦をですね、展開しております。


♪ちゃっちゃっちゃっ、ちゃっちゃっちゃっ、♪
ラインで鳴らした俺たち期間工部隊は、
延長を断られ田原を追い出されて
6ヶ月で強制送還されたが、
再び面接に成功し田中和風に潜った。
しかし、ラインでくすぶってるような俺たちじゃあない。
筋さえ通りゃ金次第でなんでもやってのける命知らず、
不可能を可能にし、
巨大な悪を粉砕する、
俺たち非正規野郎T(OYOTA)チーム!

♪チャーチャチャーチャチャーチャーン♪

俺、今井K
通称キカンコー!!
工場長だってぶん殴ってやるぜ!
でもバイキングのちくわの天ぷら山盛りだけは勘弁な!!

というわけで引っ越し準備に入りました。
・・・何からしていいのでしょうか。
ゴミ捨てなきゃ!!
リサイクルステーションへゴミ持ってった所、
エロDVDが。
いかん!持ち帰ったらまた物が増える!!
そんな葛藤を繰り返しつつぼそぼそ準備してますが
この三連休にすべてを済ませるぜ!!
と思ったとたんに
台風4号、襲来ですよ。
大雨です、ガッデム。
とりあえず階下のゴミ捨て場と部屋をうだうだ往復してみます。
べたべたになろうが何になろうが気にしません、えぇ。
やまない雨なんざない訳です。
でもってこんな台風の日にも関わらず期間工協会(KKK)の主催で
今井Kくん満了送別会を執り行ってくださいました。
・・・会費は五千円
親分、普通は主賓の人は会費無いのでは・・・
「おぅ、前払いじゃけぇ」
土砂降りの中メグリア集合で。
で、土砂ぶる中サンタカ入り口前を通ったら
百式ヴィッツが車道へ出て参りました。


運転手はクワトロ・ケースケ・バジィーナ大佐。
手をブンブン振ってみましたが
豪雨の中の運転は大気圏突入寸前のアムロのような
緊張感ばりばりな、いや、
もー初号機で使徒に立ち向かう碇シンジ君のような
ケースケ君に気づかれるはずもなく彼の百式号は去って行きましたが。













upsold「アップソールド」
製造人間キカンゲリオン








製造人間キカンゲリオン
税込価格:1,575円










数量:








(今度これ被って運転してちょ)

でもって飲んで参りました。
掃除は?部屋の中は?
とか聞かないで!!
半ズボンにビーサンにしといて正解でしたが。
でもって風雨が洒落にならなくなったので宴もたけなわでしたが
そこそこで解散後タクシーお店に呼んで
メグリアに再び帰って来たところ、もー大変ニッポン放送!!(古ぅ)な感じで
あれですよ、ザリガニの住処の湿地帯が
070715_0201~0001001.jpg
大氾濫して護送バス停が池と化してるわ、
道が川になってるわですよ。
しかしこんな天気こそ人は台風祭りを執り行うべきなのです!!
台風祭りとは?
かつて今井Kと莫逆の友・S氏との二人によって
台風が上陸すると厳かに執り行われた祭りである。
18年前には今池の街の吹き荒れる看板や
暴風をものともせずビール片手にうろうろし、
サウナフジで一っ風呂浴びてまた
べたべたになってスキップを踏み、
7年前には平和公園のなぎ倒される木々を眺めつつ
あずまやで一杯飲みながら雨でふにゃふにゃになったあたりめを
噛んでみたりと
台風ハイテンションを満喫しつつ風神に感謝するのであった。

時は流れ、同居していたSはゲストハウス今井家から引っ越し
台風祭りの風習も消えかけた。。。
しかし昨日、吹き荒れる豪雨、つながらない携帯電話、
そして強風、役者はそろった!!
という訳で高岡村を散策してみるとやはり
何もこんな時に買い物行なくても・・・
な期間工がウロウロしてました。
070715_0105~0002.jpg
みんな結構楽しそう。
極めつけは上半身裸で半ズボンにビーサンの
「俺のラインで鍛えた腹筋見てくれよぉっ」と
言わんばかりのヌーディーな格好でサークルKへ向かう若者!!
無理矢理S君の代理として
will本君を召還しメグリアからうだうだ歩いてみました。

もちろんBGMはX-JAPANのエンドレスレインで。
さて、一夜明けて台風は静岡から関東へ向かってるようです。
夏の空が広がった高岡村なので
この後また撤退作戦をぼそぼそ続けなければ・・・

てブログ書いてるし。

posted by 今井K at 10:59| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

アド街っく前林町・自転車のことなら中野サイクル

期間工にとっての移動手段、
徒歩か自転車が大多数ですねぇ。

自転車パンクしました
今朝。

今年入って二度目
OTL

そんな時は高岡村から
ちょっと歩いて
田んぼを散策、
昭和の面影が今も色濃く残る前林町
願誓寺近くの
CA330038.JPG
中野サイクル。
パンクの修理はこの道推定53年くらいの
親父さんにお任せ。
中古自転車、原付の販売もあり、
自動車の街で自動車を売り続けて
多分半世紀、中野サイクル。
地図ではここ。
posted by 今井K at 00:44| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

蒸し暑き日の考察。

PICT0630.JPG
ビールを回せ、底まで飲もう
あんたが一番私が二番
というかよってるわけじゃないのです。ただただ蒸し暑いのは駄目なのです。


蒸し暑さが苦手だ。
とにかくムワ〜ンてまとわりつくというか絡み付く空気が駄目だ。
暑いのは嫌いではない。
全身から滴り落ちる汗も心地よく感じられるくらいの
カラッとした空気なら平気なのだ。
エアーズロックの横からゴールドコーストに吹き抜けて来た
オーストラリアの熱風なら全身で受け止めたい気分なのだが
堤町の田んぼの横の養豚場の豚舎の中を通り抜けて
ウシガエルのボーボー鳴いてる池の上辺りをニジリニジリと寮群に
にじり寄るようなこの湿度88%くらいのこの空気はだめなのだ。
語尾が全部「だ」になるくらいだめなのだ。
昨日も工場で色々な予定や考え事をしていたが
途中から全て「みんな死んでしまえば良い」と言う結論に
なってしまう有様だ。
例えば高岡撤退(引っ越し)の予定を立ててみる。
「あーもー階段上がり下がりして荷物運ぶくらいならおいらなんか死んでしまえ」と言う冷房の効いた部屋で考えると
間違えっているという結論に達する訳だ。
当然死んだからといって問題は解決しないのだ。
むしろ問題は増える訳である。
死体の始末、荷物の始末、見られたら恥ずかしいエロDVDの始末。。。
おいらがここで死んだら誰が引っ越しの準備をしてくれるのか?
いや、死んだら引っ越ししなくて良いのか?
しかしおいらが死んだ場合誰がニンテンドーDSのゼルダを買いに行って遊んでくれるのか?
短絡的な結論(死んでしまう)というのは蒸し暑さから出るかけ声のようなものなのだ。
おそらく頭蓋骨が塩釜の役目をして
脳みその塩蒸しをじわじわと手間ひま掛けて料理しているという事であろう。
よって工場での思考は停止しておくに限る訳である。
おいらの寮の部屋の冷房は除湿にしてかけっぱなしなのだ。
つまり工場も除湿をつけっぱにした方が良いのだ。
でなければ社員さんも期間従業員の方も自殺者が増えるであろう。
日本の為にも工場の冷房機能を向上させるべきなのだ。
久間さんも講演会場が蒸し暑くてあんな発言をしたのだ。
そして羽賀研二の本名が妙に間抜けなのも全て蒸し暑さのせいなのだ。
というこの日記の結論自体が間違っているのだ。
それも判っているがこれで良いと思うのだ。
語尾は「だ。」
のままなのだが
とにかく
とりあえずでもいい、
また、わんぱくでも良い。
おいらは何が何でも生きて行こうと思うのだ。

これでいいのだ。
これでいいのだ。

心の中で呟く真言、、、
凡々馬鹿本莫迦凡々
posted by 今井K at 13:58| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

怪しい期間工、西へ.1〜田原の風車はまわっているのか〜

さて、こないだ
スパイラル期間工協会の親分の部屋で開催された
第1264回特安ミーティング
題名「そろそろ夏ですねぇ記念焼き肉大会」のおりに
親分から、
「おぅ、、、そろそろ田原のメロンが食いちゃくなる季節じゃけぇのぅ」
という一言でそれまでのほほんうだうだとビール焼酎時々ウォッカを飲んでいた
協会会員一同に緊張の表情がはしりました。
「・・・行きますか?」
誰かかぼそりと呟き、皆がうなづいた。

「行こう」
「行くべしゃ」
「イコマイ」
「行くだもんで」
「ほないこか」
「行かいでか」
「まごうこつ行くでごわす」
と皆が口々に各ご当地言葉で叫びました。
(その後寮事務さんにうるさいと叱られました)
mimasu.JPG
という訳でトヨタのサイド3ことジオン公国、
いえ、田原工場へさらには渥美半島の先っちょ、
伊良湖岬へと我々期間工協会通称KKKは旅立つ事となったのです。
当日メグリア前に朝八時集合と聴いてましたんで7時半に起きてうだうだと
身支度を済ませてぶらぶら出かけたのですが
誰もいない。あれ?なんでと思ってたら親分から電話が
「お前何やっとるか?みんなわしの寮の下に集まっとるぞ」
・・・何故集合場所が変わっとるとですか?!
と聞く間もなく全力で親分宅(寮)へ一目散に駆け足で向かい事無きを得たのです。

そして男だらけのおっさん期間工5人+若き期間工上がりの社員2人の8人は
社員さんのVOXYに乗り込んだのです。
田原で去年まで同じ組だったネガテブ山中を乗せて
渥美メロンを買い込んだ後、
伊良湖岬の大浅利屋でビールを飲んで
灯台茶屋で牡蠣定食をたらふく食おう、
ついでに蔵王山へ登ったりミマスでエロ本買おう、
何なら豊橋でメイド居酒屋へも行っちゃおうぜ給料出たばかりだかんね
ウヒヒヒと一大渥美半島ツアーになっていました。

・・・メロン買いに行くだけだったのに・・・

しかし天気は晴天、天晴れアッパレな感じで車中は
連三明けで寝る者、
ラインの現状について語るもの、
知立のフィリピンパブのお姉ちゃんについて熱く語るもの
宝塚記念反省会、
おい今井K、お前のやってるブートナンたらってのは
最近流行ってるがDVDなら焼いてくれ
嫌です。
などという多岐にわたる会話で高岡村出発から約二時間、
ネガテブ山中の待つミマス横第二田原寮へ。
山中を詰め込んで渥美メロンの即売センターへ直行しました。
途中
kasayama.JPG
笠山が見えまして、「おぉあれが笠山・・・」などと感慨にふけったのですが
「あの山登っても何もネェゾ」と田原経験も長い親分にうけけと
笑われたりしましたがま、それはさておき。
でもってメロン売り場。
CA330004.JPG
可愛くないマスコットキャラらしきものやら何やら見ながら
親分は田舎の愛しい母ちゃんにメロンを、
師匠はお中元にこまめに送り状を書いてます。
で野菜が安かったので買い込んだりしてたのですが
観光バスの集団がやって来るともー
CA330006.JPG
メロンを巡る戦場と化してましたよ。
自分のオケツくらいありそうなゲフゲフ、
おばちゃん達がメロンをですね、3つも4つも抱え込んでレジへ群がってまして
おばちゃんは強いねぇとか語り合いつつ次の目的地、伊良湖岬へ。
車でのんびり走ると楽しいなぁ、、、
、、、車持ち込ませろやゴラァと社員に詰め寄ったりする一幕もありましたが
みんなニコニコです。
それは大浅利屋の
名物・大アサリ焼きでビールが飲めるという事な訳で
PICT0631.JPG
いや、これはもう一つの名物・大アサリ屋のオババ。
とにかく良く喋る喋る、しかし気前の良いおばちゃんです。
そんな感じで
asari.JPG
やら、

PICT0630.JPG
をがっついてビールをぐびぐび飲み干して

PICT0627.JPG
シックでモダンで昭和演歌歌謡でもって、

PICT0632.JPG

海の男にゃよ波が華になるお店を堪能しまして、
todai.JPG
牡蠣定食の灯台茶屋へある者はビールをたぷんたぷんと言わせつつ
ある者はシャーッ!!次は牡蠣じゃい!と気合いを入れる者、
ある者は
irago.JPG
この水平線の向こうに北海道があって俺の家があって
彼女は22で俺を待っててくれて・・・
とネガテブな事を抜かしつつ
灯台茶屋へ向かうのですが

高岡村のお食事処・葵並の馬鹿混み。

で空き待ちの予約入れてある者は海岸の釣り人へ向かい、
ある者は日光浴の水着のおネーサンへ匍匐前進を開始し、

ある者は
irago.JPG
この水平線の向こうに北海道があって俺の家があって
彼女は22で俺を待っててくれて・・・」
とまたネガテブな会話をし出して待ち時間を過ごすのでした。
長くなったのでまたつづく。(はず)
posted by 今井K at 03:16| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

生き物地球奇行〜タカオカアメリカザリガニ・その神秘の行動〜

地球誕生から40億年、、、
未だ続く生命の進化の営み。
その中に全ての生物、我々人類もそして当然期間工も含まれている訳です。
朝、バス停に向かう前にメグリアに昼飯を買いに行こうと歩道をテクテク歩いていると、前方に何か横切る物が…
生き物であることはすぐわかったのですが、まさかザリガニとは…
体長は20〜30センチくらいですかね。吹き出しそうになるくらいの衝撃でした。
以前にアップした事があるんですが、自分が住んでる高岡寮には貯水池があるんです。そこから昨日の雨で増水したひょうしに出てきたんでは?と思っているんですが…

この方の推測はまちがっておりまして、、、
実は
070701_1717~0001.jpg
この公園横の小さなぬかるみの中で彼らは成長します。
そして、、、
満月の夜、彼らの生命をかけた大移動がはじ・・・

すいません、ここ嘘です。
なぜかこの湿地帯みたいなところから
アメリカザリガニがこの時期うじゃうじゃ出て来ます。
あるものは横断歩道を歩き、あるものは高岡体育館の方へとてんでバラバラに移動します。
一体どこへ、何のためなのか?

・・・ぜんぜんわかりません。
ただ毎年この時期この高岡村では
アメリカザリガニのゾロゾロウジャウジャ現象は続いています。
CA330018.JPG
今夜もまた彼らはウジャウジャゾロゾロはいでています。

・・・もしかしたら何百年、いや何千年も先、
リクトヨタアメリカザリガニという新種のザリガニが誕生するかもしれません。
それは陸上生活に適応し、陸上での生活のために
巨大化して体長は約二メートル、重さは100キロ前後、
時速60キロで疾走して人間も餌にしかねない獰猛な生き物に進化しているかもしれません。
そして高岡寮群には「夜間ザリガニに注意」という張り紙が貼られ、
毎年何人かの期間工は自転車で帰宅途中にリクトヨタアメリカザリガニに
襲われ重大災害として特安ミーティング(特別安全ミーティングというトヨタでの事故や災害の安全報告ミーティング)に・・・
って何百年何千年後も果たしてトヨタや期間工が存在するのか、
またアメリカザリガニが進化するのかは別としてですね、
とにかくザリガニが歩いてるんですよ、えぇ。
posted by 今井K at 18:43| 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。