2007年06月09日

僕が延長を断った理由2

まだまだ続くのですが。

昔聞きかじったシャチとイルカの学説。
シャチはイルカより知能が高く
「飽きる」という感情を持つのはシャチである。

(あ、シャチといっても北斗琉拳の使い手にして
海賊・赤シャチの息子ではありません。)

イルカの知能は高いが飽きるという感情を持っていない。
(当然、イルカと言っても名残雪のイルカさんではありません)

イルカが繰り返しショーの芸をこなすのはこの為と言われる。
シャチは芸を教えても「飽きて」しまいなかなか言う事を聞かない。
ラインの作業に対して人間があきるのは当然で、
飽きたらどうするか?
更なる高みを目指して社員さんは教育を受けたり次なる工程やら
技能やらを学ぶ訳である。
しかぁし、哀しいかな
期間従業員というのは大抵の人は
最初に教えられた事をただただ満了まで
繰り返す事を仕事として与えられている訳で。

じゃあ飽きちまったらどうするか?
最も手っ取り早いのは一旦辞めるっちう訳ですわ。
飽きるというのは自己啓発的向上心起爆スイッチの様な
感じがおいら的にはあるわけです。
などと自己弁護にして自己満足な言い訳を考えつつの残業1H。
でまあ倦怠感やら
筋肉痛やら
ストレスが満タンになりつつある一年目、
それでも続けれるとすれば
職場に魅力があれば頑張ったりもするのですが・・・
魅力もやりがいもなかったりして。
社員の若い衆とはとても仲良しでみんな気さくな人々なんですがね、
TLとかGLとかGLとかGLが・・・ゲフゲフ
CLはものっそい良い方なのですが。
(↑この辺は期間従業員の方なら判っていただけると思いますですw)
あ、そうそう、女工たんが満了致しました。

ただただ繰り返すだけの日々と淡白で無味乾燥な
人間模様を求めて
帰ってきたトヨタ自動車絶望工場だったのに・・・

こやつが赴任して来てからと言うもの作業の指導・教育・
恋愛相談やらセクハラ相談やらのお陰で正直ややこしくも
ドラマティックな半年間でしたよ。
一昨年の今頃にやってた仕事場でバイトの娘達相手に
おいらの仕事観とか人生観とかを
語ったり教えたりしてた頃の様な日々にして色々と
退屈はしないで済む毎日を送れましたが
それはまた満了後にお話しできたらいたしましょう。
続きを読む(おい、女工、丸山寮の写メどおなったんだよぅ。と業務連絡)
posted by 今井K at 14:36| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。